なぜ、日本人は、悪くもないのに、「すいません。」ばかり言うのか?
18 September 2017 | 11:08 am

こんばんは^^気功整体師の岩瀬です。

 

「すいません。」

 

外にでると、1日1回は使ってはいませんか?

 

謝る時は、もちろん。

それ以外でも、何かをもらった時、

道を教えてもらった時、

レストランで店員さんを呼ぶ時・・・、

 

「たばこ一本どうですか?」と勧められた時も、

「すいません。」なんて・・・てへぺろ

 

海外の人は、不思議がります。

「どうして、日本人はあやまってばかりいるのか?」・・・と、

 

英語だと、

謝る時は、ソーリー。

物をまらったり、何かをしてもらった時はサンキュー。

人にものを尋ねる時は、エクスキューズミー。

 

しっかり、使い分けています。

 

もちろん、「ありがとう。」も、「ちょっといいですか・・・?」

も、使いますが、

だいたい「すいません。」一言で事足りてしまうので、

便利なので、そうしていると思います。

 

決して、臆病だからとか、自虐的だからではないはずです。

 

すいませんは正確には、

「澄みません。」

 

このままでは、私の心(気)が澄みません。

ということです。

 

もやもやとして、濁りきってしまっている心の状態を口に出して、

浄化しようとしているのです。

 

人に迷惑をかけた時、この「すみません。」の一言で、

心が浄化されて、相手に伝わり、許してもらえることもあります。

 

時には、「澄みません。」では「済まない。」

といわれることもあるかもしれませんが・・・

たいがい、時間の経過とともに浄化されていくもんです。

 

泥水をバケツに入れて、ほっておくと、

泥が沈殿して水が澄むように・・・。

 

病気や経済的困難。または、辛い思いや悔しい思いをして、

落ち込んでいる時、心は濁りきっています。

つまり、邪気に覆われ、気の流れが停滞している時。

 

そんな時は、気持ちに余裕もなく、

つい、自分だけのことばかりに意識が向いてしまいます。

 

周りの人は、そんな人に何も与えようとしてくれません。

ギブアンドテイクいや、ギブアンドギブ。

なにかを手にいれたかったら、与えることです。

 

でも、余裕のない時には、あげたくても、てもとには何もありません。。

どうするか?

 

「ありがとう。」の言葉を連発する。

 

もちろん言う相手がいなくても、心の中で唱えるのです。

1日に何回も・・・。すると、

その言葉の響きが小さな振動(波動)となって、地球を駆け巡ります。

そして、巡り巡って、自分のところに還ってくるのです。

 

時間差は各々あるかも知れませんが、

 

「本当にありがとう。」と言いたくなるような出来事が、起こります。

 

そして、その時、きっとこう思うはずです。

「奇跡が起きた???」びっくり

 

 

ありがとうの反対語知ってますか?

 


【急告】9月23日(土)・24日(日)期日限定特別1日気功教室 それぞれ先着3名
17 September 2017 | 9:38 am

こんにちは^^気功整体師の岩瀬です。

 

9月23日(土)・24日(日)

期日限定の特別セミナーを開催します。

(それぞれ先着3名

 

気功という魔法のような力を手にいれませんか?

 

このセミナーを受け終えた時、きっと「人生観が変わった。」と感じるはずです。

そして、こう思うはず

「これで、私の人生が変わるかも・・・」

 

全身をもみほぐす20~30分の技術を習得し、

はじめて学ぶ方でも自分自身の手で、

大切な方のカラダを癒してあげられるようになります
簡単な手法で筋肉がほぐせる当院独自の気功整体セミナーです。

 

 

 

当セミナーは、初めての方大歓迎。
気功整体師にならなくても、

自分や周りの人に気を送ることができるようになりたい。

と思っている方にはうってつけです。

 

 

セミナー内容:

 

①人体波動調整法(岩瀬流擦氣法)

 

相手方の身体に特殊な「揺らぎ」を施すことで、瞬時に身体の隅々の筋肉を弛めることができる超即効「氣」+「手あて」療法。

皮膚への軽い刺激で、直接、氣を入れることができ、
「肉体」と「氣からなる身体」つまり、人間の身体全体の波動を瞬時に整えることができるようになります。

 

②岩瀬流ポラリティセラピー(「心」「身体」「魂」を深く癒す精神療法)

 

ポラリティとは、人間の体(関節)にあるプラス(陽)とマイナス(陰)の
極性を意味します。

 

③岩瀬流氣の呼吸法

 

あなたがただひたすらに相手方(自分)の身体を左回りに、擦るだけで、
摩訶不思議なことが・・・

 

 

 

くわしくはこちら


岩瀬はいったいどんな方法で施術をしているのか?
13 September 2017 | 12:54 am

こんにちは^^気功整体師の岩瀬です。

 

気功を体験したことない方には、

「気功ってどんなことをするのか?(されるのか?)」

興味のわくところだと思います。

 

「この岩瀬って先生の気功ってどんなの?」

そう思っている方に、

岩瀬流気功の原則的スタイルを、

図解で説明しようと思います。

 


 

意識変革で左回り渦エネルギーに変換し放射する。

特別な意識状態に入ってはいけない。

ありのままの状態(平常心)。

③左回り渦エネルギーは、自然界のエネルギーと特殊療治脳力開発によって発見されたエネルギーを治療に使えるようにしたエネルギーパワーです。
 

自然癒力を正常位置に軌道修正するパワーを持っている。

人間は自然治癒力なくして生きてはいけない。

自然界のエネルギー

心がともわないとだめ。

施療する人(治療家)との間に信頼関係がないと力(エネルギー)を得られない。
受け手(患者)も施す人(術者)との信頼関係を深めると、

最上の効果が得られる。

 

簡単に説明するとこんな感じです。

 

手をあてる。

また、意識するだけで、

受け手の方が自己申告していない深層部の症状を読み取り、

その部分(患部)が拡大して見えます。

 

その方の表層部だけでなく、もっと深いところ(深層部)の意識体までも読み取ります。(氣読)

 

このようにして、これまで、多くの方に岩瀬流気功術を施してきました。

 

そこで、気づいたのは、脳に関する症状で悩んでいる方が、

非常に多いということ。

 

肉体が、その脳に反応して病んでしまっている。

 

私の施療法では、相手の脳(特に右脳)に、

左回り渦エネルギーを放射・転写する。

 

「辛い。痛い。不快。」を感じているのは、身体より前に、なのです。

だから、いくら身体をいじっても快方に向かうはずなどない。

 

しかも、同じく「つらい。痛い。不快。」と言っても、人それぞれ。

本当の原因は千差万別。いや、億差兆別なのです。

 

その当人の脳にアプローチして、読み取り癒してあげることをしなければ、原因の追及はあろか、根源治癒などあり得ない。

と考えています。

 

 

 



More News from this Feed See Full Web Site