「手遅れ。」解消法。
25 July 2017 | 8:38 am

こんばんは^^気功整体師の岩瀬です。

 

「手遅れです。」

 

こう聞かされた時、どう思いますか?

 

仕事、試験、恋愛、病気・・・。

 

さまざまな場面でこう言われるケースがあります。

他人から言われなくても、

自ら「手遅れだ。」と思うこともあると思います。

 

間に合わなかった。

気づかなかった。

 

反省と後悔ばかりが、頭をよぎると思います。

 

覆水盆に返らず。後の祭り。

なんて言葉を思い浮かべる方も多いと思います。

 

この言葉の響きだけで、ショックで気落ちしてしまいます。

どうすることもできない。でも、なんとかしたい。

 

このジレンマを感じている時は、極度のストレス。

身体中が、邪気に覆われ、運気もどん底に落ちている時。

 

この手遅れの手は、文字通り、右手左手のです。

 

手後れ。(ておくれ)

 

もう遅い。のではなく、後。

 

手をかざすのが、後になってしまった。

 

手をかざすことで、身体も心も元気を取り戻す。

そして、当然、運気も上昇する。

 

好時期を逃したように、思えても、

 

人の身体を流れている気はどこかに、

散り去ってしまうものではありません。

 

停滞している気は、手をかざすだけで、再び流れはじめるのです。

 

ただ、

「ておくれ。」という言葉を聞いた時に、

「もうすべてが終わってしまった。残念。」

と、悔んでいる状態が長引くほど、身体にオーラのように邪気が纏い、

 

いくら、手をかざしたところで、気の流れはよくなり始めません。

 

手遅れ。なんてものは、この世に存在しません。

言葉に引きづられてしまっているだけです。

 

絶好のチャンスは何度でも訪れ始めます。

 

そう思い始めた途端、邪気は取り払われ、健康に・・・、

そして、運気も上昇し始めるのです。ウインク

 

 

 

 


プライドを持つことは大事なことなのかどうか?
25 July 2017 | 4:35 am

こんばんは^^気功整体師の岩瀬です。

 

「行き詰った。」

 

という経験はおありでしょうか?

 

人間関係、お金、病気など・・・

 

解決したくても自力ではなかなか解決できそうもないと

感じていることってたくさんあります(よね?)

 

長い間、塞ぎ込んで解決しなかった問題も、

誰かに相談したら、5分で解決できそうな気がしてくるものです。

 

いくら時間をかけて一人で考え込んでいても、

埒があかないことってたくさんあるんです。

 

「じゃあ困ったら、すぐに誰かに相談すればいいじゃん。」

ということになりますが・・・

 

「自分が困り果てている姿を晒したくない。」

 

要は、恥ずかしい、情けない・・・(?)

自分の身近な存在の人にさえ。いや、身近な存在であるからこそ、

余計に、弱っている姿を見せたくないのかも知れません。

 

家族や会社の一員として、または男性として、女性として、

自分なりによく考えて生きている。

誰しも自分なりのプライドを持っているはずです。

 

プライド=自負

 

誰にも負けない強い心。自信。

当然、プライドを持って生きることは大事なことです。

 

しかし、いくら能力があっても、弱点が全くないと思っている人は、

そうそういないと思います。

でも、弱点を隠そうとする人は、相当いるはずです。

 

得意じゃないのに、得意なふりをする。

好きでもないのに、好きなふりをする。

お金がないのに、見栄を張る。

 

できないのに、できるふりをする。

 

疲れます。ストレス(邪気)がたまり、間違いなく

状況はさらに悪化していきます。

 

「大丈夫。」と人の忠告を聞かない。

下手に知識があったりすると、余計に聞く耳をもたない。

「自分の事は自分が一番知っている。」

「誰の力も借りずに解決してやる。」

そう考えているから、

いつまでたっても問題が解決しないということに気づかない。

 

これが、頑固。というやつです。

 

「変なところでプライドが高い。」

つまりもたなくてよい。いや、もってはいけないプライドです。

 

自分の生き方すべてにプライドをもとうとせず、

肝心なところだけ持っていればよいのです。

 

心が弱れば、身体も弱ってきます。

体調を崩し、気分もすぐれなくなる。

 

それでも、「私の事は心配いらないよ。大丈夫だから・・・。」

周りに心配をかけまいと、気丈に振舞っていても、

内心は全く大丈夫だと思っていない。

 

かっこつけているつもりでいるのが、

周りから見ると、一番かっこ悪い。

 

青ざめた顔して、「どこかにトイレありますか?汗

と聞かれたらどうしますか?

「誰が教えてあげるもんか。」なんて言う人がいるでしょうか?

 

ほとんどの人が、親切に教えてあげようとすると思います。

わからなくてもどうにかして、探しだしてあげようとするはずです。

 

誰でも、慈愛の心を持っているのです。

その困った相手は、他人ではなく、

自分であるとまで思っているのです。

 

「行き詰った。」

ことには必ず原因があります。

 

困った時、一人で悩まず、

プライドなんてあってもしょうもないものは

捨ててしまって、思いきって誰かに相談してみましょう。

 

すんなんりと、邪気が抜けていくのを感じます。

解決の糸口が必ず見つかるはずです。

 

来た道があれば、必ず戻る道があるのです。ウインク

 

 

 

 

 

 


自律神経の乱れを修復するとっておきの方法とは?
23 July 2017 | 11:20 am

こんばんは^^気功整体師の岩瀬です。

 

「暑くもないのに、突然、汗が噴き出してくる。」

「突然、眩暈がする。」

「やる気が湧いてこない。」

「夜、すぐに眠れない。」

「体調がすぐれない。」

 

自律神経のバランスが乱れている所為かも知れません。

 

自律神経は無意識下で働きます。

なので、自力でコントロールすることは、難しい(?)

 

自律神経とは、交感神経と副交感神経。

この2つのバランスが、調うことで、

心身ともに健康な状態であるといえます。
 

 

絶妙なバランスで岩が立っています。びっくり汗

 

しかし、少しぐらつき始めたからといって、

そこだけに集中して補おうとしたり、

たったの1か所向きを変えるだけでも崩れてしまいそうです。

 

自律神経はバランスが重要です。

 

このバランスを軽視してしまうと、、体調を崩したり、

気を病んでしまったりします。

 

昨日考えていたことが、今日の体調、気分に現れる。

 

もっと、極端に言えば、

 

1秒前に、意識していたことが、1秒後の心身の調子を決めている。

この1秒前と、1秒後の間、

つまり、に意識を重視することで、

自律神経のバランスを保つ事ができるのです。

 

自律神経のバランスを整える?

てっとり早い方法は?

 

呼吸法ですね。

 

毎日、ほぼ無意識にしている呼吸に意識を向ける

だけで、簡単に自律神経のバランスは整います。

 

夜、布団に入って、「さて寝るか。」

という時に行うといいかもしれません。

部屋をぼんやり暗くして、目をつむり、お腹に両手を軽くのせて・・・

 

コツは、その日あった出来事。

嫌なこと。よかったこと。などあったと思いますが、

それらは頭に思い浮かべず。

ただただ、呼吸をしていることに集中することです。

 

無意識にこの呼吸ができるようになったら、

自分が宇宙を遊泳している姿を、

イメージしてもよいかもしれません。

 

月に行ったり、太陽に近づいたり、高速で飛びまわったり・・・。

 

なんだか気持いい・・・・。

と感じることができれば、うまく呼吸ができている証拠です。

 

自律神経の乱れが修復され、

きっと、次の日の朝起きた時、活力が漲っているはずです。ニヤリ

 

 

 

 

 

 

 

 



More News from this Feed See Full Web Site