第3の目を開く。具体的なやり方。
21 May 2018 | 5:15 am

こんにちは^^気功整体師の岩瀬です。

 

前回、この記事をあげた時、願いがかなった。体の不調が改善したなど

予想以上に好反響だったので、

見られていない方、やり方を忘れてしまった方(?)のために、もう一度。


これで、きっと運気があがる。体調がよくなる・・・。

 

肩まわりの可動域を広げる方法。という記事を書きました。

その続きです。

 

人には、第3の目があります。

どこかと言うと、ちょうど眉間の中央(第6チャクラ)です。

 

ここに指をあて、、軽く右回りにさする(この個所だけは左回りではありません。)と、

全身の筋肉が弛み、肩まわりの可動域も広がります。

 

 

当然、気の流れもよくなります。

 

・・・実は、それだけではありません。

 

これを行うことによって、第3の目が開くのです。

 

「???」

 

第3の目は、意識波動。つまり、目に見えないものが見えるようになるのです。

 

言いかえると、右脳が開く。ということです。

右脳が開くとどうなるのか?

 

通常の意識状態とは異なる変性意識という状態にはいり、

潜在意識がメッセージを受け入れやすくなるのです。

今、思ったこと。感じたこと。想像したことがすぐに潜在意識に届き、

それを現実化しようと働きだすのです。

 

つまり、

 

思考が現実化する。

 

ということ。

 

「まずい。それじゃあおちおち悲観的なこと考えられないなあ。」

そのとおりです。プンプン

 

これには、歴(れっき)とした理論がありますが、

説明すると長くなってしまうので、今回は割愛します。

 

第3の目を開く。

試しに、指を眉間にあてて、右回りにさすってみてください。

 

「そんな簡単にいくものかね?」

と疑問に思う方もいるかも知れません。

でも、それはただ単にこれまで、このやり方を知らなかっただけです。

 

「嫌なことが頭に浮かんでしまったらどうしよう。」

なんて力む必要はありません。

 

もう一回、思い直してやってみればよいだけです。

 

いわゆるひとつのマインドセットです。

深刻に考える必要はありません。軽~い気持ちでやってみてください。

あなたの願い、意外にすぐに叶うかもしれませんよ。照れ


 

 

 

 

期日限定気功セミナーはこちら

 

 

 


この中に三角形はいくつ?
20 May 2018 | 4:37 pm

こんばんは、気功整体師の岩瀬です。ニコ

 

今日の船橋は、爽やか天気でした。

 

太陽が、日本にほどよい感じで近づいている初夏の陽気。

 

しかし、悩みがあったり、困ったことが起きている時は、

この爽かな天気も疎ましくさえ感じるものです。

 

「困った。」「だるい。」「痛い。」「つらい。」

 

こんなことばかりに意識が向いている時は、

事態は好転する。

なんてことは全く想像もつきません。

 

唐突ですが、

 

 

よくみれば、すぐに答えは見つかります。

 

そうです。

 

答えは、0こですね。(PCでみると1コかな?)

 

注目したことにのみ脳は反応します。

注目すべきところを間違っていると、

いつまでたっても答えは導きだせません。

 

「困った。」「だるい。」「痛い。」「つらい。」

 

このことばかりに注意を向けていては、

いつまでたっても

この状況から抜け出すことはできるはずがないのです。

 

つい、こないだまで、寒い日が続きました。

「寒い。」といって身体を震わせて外に出ている時、

こんな麗かな日が来るなんて想像しにくかったはずです。

 

しかし、春が来た。

 

そう思っていたら、もうすぐ夏。

 

月日は人を待っていてはくれません。

否応なく過ぎていくのです。そしてやってくる。

 

日はまた昇る。

 

沈んだ太陽が、昇らなかったなんてことが、これまであったでしょうか?

 

時が解決する。これが、自然の摂理。

 

今、

「困った。」「だるい。」「痛い。」「つらい。」

とばかり、頭の中にある方は、この状況が変わるのは、

難儀であると思いこんでしまっているだけです。

 

 

この状況が一変して、

自分の理想とする姿を想像してみてください。

 

注目していることにだけ脳は反応します。

意識していることを忠実に具現化しようと働きだします。

 

そして、

ほぼ、いや必ず想像どおりの事態が、

訪れるはやってくるのです。照れ

 

 

 

気功って危険なの?

 

 


どうすれば、氣が増幅するのか?
19 May 2018 | 10:39 am

こんばんは、気功整体師の岩瀬です。えがお

 

最近は、夜が来るのが遅くなって、月が見える時間も遅くなっています。

昼間みる太陽と、月の大きさと同じ位に見えますが、

 

実は、

 

太陽のほうが、がぜん大きいのです。

「そんなこと、知ってるわい。」

 

「そうですよね。」

じゃあ、どのくらい大きいのかというと、

なんと、地球の109倍だそうです。

 

「・・・。」

 

ピンと来ませんよね。

東京ドームの・・・倍?わかりません。

 

とにかく、想像を絶するくらい大きいと思います。

太陽に黒点があるというのは知っていますよね。

そのひとつだけでも、地球よりはるかに大きいものがあるようです。

 

目をつむって、空想の中で太陽のそばまで、遊泳してみてください・・・。

そして、太陽を目の当たりにした時、

いかに、日常の小さなことでくよくよ悩んでいるのか再認識できるはずです。ウインク

 

月と太陽が同じくらいの大きさに見えるのは、距離のせい。

地球から太陽までの距離は、おおよそ1億5千万kmだそうです。

地球から月より、これまた想像を絶するくらい遥かかなたに太陽は存在しているのです。

 

では、太陽から発せられた光が、地球に届くまで、どのくらいかかるのか?

一説では、今、地球上に注がれている太陽の光は、原始時代の時のものだ。

 

もしかしたら、太陽はすでに、爆発してしまっていて、ある時、地球が真っ暗になってしまう。

なんてことをきいたことはないでしょうか?

 

ま、これはでたらめで、太陽の光は、8分ちょっとで地球に到達しているみたいです。

だから、地球が真っ暗になって生命が滅びるなんてことは当面なさそうです。安心してください。

 

そもそも、生命の誕生は光合成によってはじまったとされています。

 

つまり、太陽がなければ、人間が存在することはなかったということになります。

生命エネルギーの源というわけです。

 

神のように、崇めたてることもあります。

その太陽(神)自体も宇宙の中で誕生したのです。

 

その宇宙こそが、気エネルギー(神気)なのです。

ひとは、小宇宙(ミクロコスモス)といわれます。

 

疲れたら休み、健康に気遣い、ストレスを発散させようと楽しむ。

自分の体を大事に癒そうとする人がいても、あえて、痛めつけようとする人はいないと思います。

そんなことすれば、自滅してしまうからです。

 

地球は、そんな小宇宙の集合体です。

 

世界は一家、人類はみな兄弟。

 

相手を貶めようとか、やっつけてやろう、復讐してやろう。などという悪意は、

自分自身を痛めつけるのと同じことなのです。

 

人にやさしくする。

 

ことが、自分のためになる。

ということにきづくことができれば、ストレス(邪気)などは取り払われ、

自ずと気エネルギーは増幅し、

より、充実し、有意義な人生を歩むことができると思いますよ。照れ

 

 

気功は危険?

 

 



More News from this Feed See Full Web Site